愛犬家仲間たちと話をしていると、多くの飼い主さんたちが、犬が吠えることに悩んでいると言います。

うちのシェルティは元々牧羊犬の血筋ですので吠えるのが仕事。

よく吠える方だと思います^^;

 

それでも、きっちりとしつけをしていくことで無駄吠えは減らせましたし、そもそも犬が吠えているにも理由がありますので、勝手に無駄吠えと決めつけるのはよくありません。

 

そこで、今回は犬が吠える理由とその対処法について書きたいと思います。

理由①ストレスが溜まっている

犬というのは動くことが好きな動物です。

したがって、室内犬であっても散歩で外に世界に連れ出すことで、体を動かしたり他の犬と触れ合ったりしてストレスを解消させる必要があります。

 

しかし、散歩が十分でなかったり、飼い主とのコミュニケーション・スキンシップが不足しているとストレスを感じて吠えるという行動につながりやすいです。

 

仕事で疲れて帰ってきた後に十分なスキンシップを取ったり散歩に行くのは大変かとは思いますが、犬は人間のように自由に外出することができませんので、家族として迎え入れた以上は犬に必要な時間を十分に割いてあげるのが飼い主としての最低限の責任です。

 

このようにストレスによって吠えている場合、散歩だけではなくたまにはドッグランに連れ出して十分に運動させたり、ブラッシングをしながら優しく話しかける、普段より多めにスキンシップをとるなどしてストレスを軽減してあげましょう。

 

また、犬のハウスが不衛生だったり、水が汚い、フードの質が悪い、といった環境面でもストレスを溜める原因となります。

食欲はあるか?水を進んで飲んでいるかなど気を配ってみてください。

理由②警戒心で吠える

縄張り意識に強い犬であれば、家自体を自分の縄張りだと認識していることがあり、そのような犬は配達に来た郵便局員などの訪問者に対して威嚇して吠えることがあります。

 

これは自分の家という縄張りへの侵入者への警戒心・恐怖心によってパニックになって吠えているとも言えます。

 

ここで注意すべきことは、犬が興奮して吠えているときに飼い主も大声で叱らないことです。

 

飼い主も一緒になって大声を出している=主人も吠えている、つまり危険な状態なので自分が吠えているのは正しい行動だと犬が勘違いしてしまう恐れがあるからです。

 

このように警戒心で吠えている場合、吠えている対象物が物理的に見えない状態氏にして、「待て」のコマンドで落ち着かせましょう。

 

それと並行して、家族以外の人とも積極的に交流させながら社会化を進めていくことをオススメします。

理由③吠えることで要求している

ご飯が欲しい、おやつが欲しい、散歩に行きたい、遊んで欲しい、トイレに行きたい、ハウスやトイレを掃除して欲しい、飼い主に出かけて欲しくない等々、何かを要求する意味で吠えているシーンです。

 

人間の赤ちゃんもお腹が空いたりオムツを変えて欲しいときに泣いて知らせますが、犬も同じなのですね。

 

人間の子供であればある程度成長するとトイレは黙って一人で行きますが、お腹が空いたりどこかに連れて行って欲しい時は自分でできないので親に要求しますよね?

 

犬もそれと同じように、自分でできること(トイレを覚えていたらトイレに行く、水が置いてあれば水を飲む、毛づくろいをする、暑ければ涼しい場所に移動する等々)は自分でやりますが、ご飯や散歩、遊びなど自分ひとりでできないことは吠えることで飼い主に要求するのです。

 

このように要求の意味で吠えていることへの対処法として、ご飯や散歩・おやつなどは1日の中で決まった時間に与えることで、犬がそれを求めて吠えているのだなと判断しやすくなります。

 

ただし、吠えられる=要求されて与えていては犬と人間の主従関係が逆転し、犬主導になってしまいますので、一度「待て」や「お座り」を挟み、落ち着いて吠えるのをやめてから与えるようにしましょう。

理由④喜ぶ・興奮して吠えている

飼い主が帰宅すると興奮して熱烈歓迎してくれる犬も多いです。

やはり喜んでくれると嬉しいので、こちらも優しい声色で「ただいまー!」とかまってあげたくなるものですが、これが習慣になると「吠えたら優しくしてもらえる」と犬が勘違いしてしまう恐れがあります。

 

ですので、必ず落ち着いてからかまってあげるようにしてください。

帰宅して喜んで吠えていても、「待て」や「お座り」の指示で落ち着かせましょう。

 

それでもダメなら犬の興奮が冷めるまで無視したり別の部屋に移動し、落ち着いてから撫でてあげるようにしてください。

ただし、犬も喜んで吠えているだけなので、なかなか吠えるのを辞めないからといって叱るのはやめてあげてくださいね(^^;

まとめ

吠えることをやめさせるのは最初のうちはなかな苦労するものですが、毎日根気よくしつけていくと効果は出てきます。

うちのワンコは2週間〜1ヶ月で少しずつ無駄吠えが少なくなっていきました。

 

無駄吠えを減らすコツは、犬が興奮してい吠えていても飼い主は毅然とした態度で落ち着いてみせること。

一緒になって興奮して大声で叱るというのは逆効果ですので注意してくださいね。

おすすめの記事